「やりがい搾取」について組織をチェックする2つのポイント

「やりがい搾取」について組織をチェックする2つのポイント

「やりがい搾取」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

「やりがい搾取」とは、労働者が金銭による報酬の代わりに「やりがい」という報酬を強く意識させられることで、労働者が無償の長時間労働が奨励されたりするような組織風土に取り込まれ、自覚のないまま労働を搾取されている状態のことを指します。

※東京大学教授の本田由紀さんによって提唱された考え方です。

今回はそんな「やりがい搾取」について考えをまとめてみました。

 

何をもって「やりがい搾取」?

最近は「お金」よりも「成長実感」「働く意義」を

働く価値観として重視する人が多いのではないでしょうか。

それ自体は素晴らしいことだと思いますし、

むしろ今の時代の働き方はそうあるべきとすら思います。

ほとんど休みなく働いているのに、ものすごく毎日楽しくて幸せそうな人、

周りに1人くらいいませんか?

 

従業員が自分の仕事に対して「やりがい」を持って働けているのであれば、

それは本当に会社が従業員に対して「やりがい」という報酬を与えることができている

という点で、「搾取」とは言いづらいのではないかと私は思います。

しかし、下記のような場合は

「やりがい」という報酬が、従業員からの「搾取」の構造にあたります。

従業員が受け取る報酬としての「やりがい」 = 会社が規定し、感じることを強要した「やりがい」 となる場合。

ある会社が提供する「やりがい・働きがい」を

「自分にとっての報酬」と感じることができるかは、従業員個々人の価値観によります。

例えば、将来自分の会社を持ちたいと志す若者にとって、「社長のかばん持ち」という仕事は

たとえ月給がどれだけ少なくても、「やりがい」をもって取り組める仕事になりえます。

「将来のためだし!」と思えれば、

一定の納得感をもって仕事に取り組むことができるのではないでしょうか。

一方で、「独立なんて絶対嫌!近々地方公務員へ転職を考えている」人が

薄給で「社長のかばん持ち」に任命されたらどうでしょう?

上司から「やりがいがあって学びも多い仕事をやらせて貰っているのだから、

今は多少給料が少なくても頑張れよ!将来の自分への投資だと思ってさ!」

と言われたらどうでしょう?

 

上記のケースは、会社が従業員に対して、

お金の代わりに「会社が強要するやりがい」を勝手に報酬として規定し、

従業員のリソースを搾取する構造になっているのは火を見るより明らかです。

これは極端な例ですが「ある人がやりがいと感じる価値観」を

ある従業員に「やりがい」と感じるように強要するような組織は

「やりがい搾取」を行っているといえます。

過剰なやりがい搾取は人をも殺しうる

某気象予報最大手企業では、2008年、気象予報士に憧れた若者達を

「予選」と呼ばれる研修期間中に、

半年以上にわたり月に200時間以上も残業をさせ、うち1人を殺しています。

「憧れの気象予報士になりたいのであればこれくらい頑張れるよね」

という会社からの暗黙のメッセージが読み取れる、典型的なやりがい搾取の例で、

大変痛ましい事件です。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」とはよく言ったもので、

その考え方には筆者も賛成ですが、

それはあくまで「苦労をする側」が持つべき考え方で、

「人件費を抑えたい」「若年者に無茶なペースでの成長を求める」経営層が

従業員に強制する価値観では絶対にあってはならない、と思います。

上記のような「人をいくらでも代替可能な経営資源」

としてしか考えていない異常な風土の組織とは、できればすぐに関わりを絶つべきです。

 

どれだけ沢山の辛い出来事を我慢して、生き残って、希望のポジションに就けたとしても

簡単に首を切られるリスクを常に負い続けなくてはならないためです。

✓ 今いる組織から「働きがい」に関する価値観を押し付けられていないか

✓ 今いる組織は「人を代替可能か経営資源」と考えていないか

 

上記2点に関して、思うところある人は、

一度自分の進路についてゆっくり考えてみる時期なのかもしれません。

併せてコチラの記事もチェック!

20代の働き方カテゴリの最新記事