自分が熱狂する仕事とは何なのか。スタートアップへの転職を決意した元就活支援団体代表が語る新たなキャリアへの挑戦〜前編〜

自分が熱狂する仕事とは何なのか。スタートアップへの転職を決意した元就活支援団体代表が語る新たなキャリアへの挑戦〜前編〜

就職支援団体エンカレッジで「全ての就活生が本質的なキャリアを通じて人生を最大化する」ことに真っ直ぐ打ち込んだ学生時代

就職支援団体エンカレッジで「全ての就活生が本質的なキャリアを通じて人生を最大化する」ことに真っ直ぐ打ち込んだ学生時代

純粋に結果を出したい。

自分で考え、行動し、成果を出す裁量の大きさを追い求めて株式会社Donutsへ入社。

前職で結果を残し、新しいことへの挑戦も任されていく中で彼女が
スタートアップという環境へ挑戦した理由とは。

何かに打ち込むことが好きだと語る彼女。

そんな彼女が『日本をぶち上げる』というZealsのビジョンに共感し転職を決めるまでに経験した苦労とは。

何かに打ち込みたい。今の仕事で熱を注げない。。。そんな20代は是非目を通して今の仕事への打ち込み方を考えてほしい。

前職

職種:
株式会社Donuts SaaS営業 / Mixchannel 広告営業

※株式会社Donuts ToB向けサービスのジョブカンや電子カルテ、ToC向けにMixchannelや単車の虎を代表する多数のゲームも提供している事業会社

内容:
株式会社Donutsに新卒入社。
ToBサービスの営業として入社し成果をあげ、web事業部の広告営業へ抜擢され入社半年で異動。並行して、人事などの職務も一部手がけ、幅広く全社で活躍。

転職の軸

  1. 「日本をぶち上げる」というビジョンへの強い共感
  2. 「日本は課題先進国である」という当事者意識の強い考えへの共感
  3.  過去学生団体で同じく活動した同期の存在

現職

職種:
株式会社Zeals 新規事業企画

※株式会社Zeals「次なる産業革命を興し、日本をぶち上げる。」をビジョンに掲げ、新しい広告の形であるチャットボットマーケティングツール「fanp」を中心に挑戦を重ねる新進気鋭のスタートアップ企業。

内容:
2018年5月に中途入社。
現在新規事業の企画に従事しており、Zealsの新たな収益の柱を作るべく奔走。

純粋に結果を出したい。成果を追い求める楽しさと裁量に惹かれて入社した1社目

前職はDonutsで働いていたとのことですが、就活時はどういう風に意思決定されたのですか。

就活時代は「裁量権の大きさ」「成果がきちんと評価されるか」という軸のみで選んでいました。

Donutsは自分で考えて、行動して、効果測定して改善するプロセスを踏むことができる環境だったこと、正社員人数の割に手がける事業数がかなり多い企業だったことが意思決定の理由としては大きかったですね。次々と事業が立ち上がっていることからも、今後も裁量権の大きさは担保されそうだなと判断しました。

成果を出すことに対してコミットするプロフェッショナル意識の強い環境というのも私には惹かれるポイントでした。

そうなんですね。成果を追い求めるプロフェッショナルという箇所に惹かれるきっかけがあったのでしょうか??

きっかけですか。。。難しいですね(笑)

学生時代にサークルでの一大イベントの運営した経験や就職支援団体のエンカレッジで自分たちの拠点の代表を勤めた経験が大きなきっかけになっていると思います。成果を最大化するかを私なりに試行錯誤し、奮闘した時期でもあり、何かに打ち込むこと、目標を達成することが好きだと素直に感じることができたことが大きな理由です。思い返すと高校生の頃から目標に対する持論はかなり持っていたので。(笑)

目標に対する持論ですか・・・?具体的に教えてください!


「目標は絶対に達成できる、できないのであればやり方が悪いだけ」という持論です。

高校の頃やりたいことを複数あり、受験の際に自分のやりたいことを続けながら受験勉強をすることは無茶だと周囲にすごく言われました。しかし、やりたいことも受験もどちらも欲張って努力をした結果、何とか合格を掴み取りました。

この経験が影響して、目標はちゃんと追い続けることで成果が出るんだと感じたんです。その過程で単に努力をすることが良いのではなく、努力の方向性が目標達成においてとても重要なんだということも学んだんです。

楽しさを感じることのできた配属当初

ありがとうございます。そういった背景でDonutsに入社をした後は、どのようなお仕事をされていたんですか?

勤怠管理のtoBサービス「ジョブカン」の営業に従事していました。配属当初は営業嫌だと思っていました(笑)。

しかし母に相談した際にこんな言葉を貰ったんです。

「いいんじゃない、まずは人事の人の言うとおりに、配属された場所で頑張ってみるもの。社会も何も知らない状態でイメージだけで営業が嫌だと文句を言うのはおこがましいよ」と。

その言葉がすごく響いて。だから納得感を持って入社を迎えることができました。

営業が嫌だと思っていた理由は今では思い出せないですが、入社前にイメージをしていた営業とは実態はかなり異なりすごく楽しかったことを覚えています。

楽しかったのは、定量的な営業の件数目標はあるが、目標を達成するための戦略戦術は自由に考えることができたことや、毎月目標を達成することができたことが大きな要因でした。

異動をきっかけにおきた変化と葛藤

そんな楽しい状態で営業をやれていた中で転職を考えたきっかけはどのようなものなのでしょうか。

入社してから半年後の突然の異動がきっかけでした。

異動先はtoC向けのメディアの広告営業の部署。

その環境で目標に対する考え方や成果に向かう姿勢の部分で自分の考えとどうしても合わないところがあり、前と比べて仕事を楽しめていない自分がいたことが大きな理由でした。

なるほど。当時の俵谷さんは仕事にはどう向き合っていたんでしょうか。

目標を達成し、チームとして成果を出すためにはどうしたらいいのかを考えて、自分なりに行い、売上を最大化する努力をしていました。

そうすることで、チームとしての目標も段々達成することもできるようになっていったのですが、自分たちのやっていることが何に繋がっているかが最後まで分からずに、仕事を通じてワクワクを感じることができない自分がいました。

なるほど。そのタイミングでどういうアクションを取られたのですか?

最初は人事に異動しようと思っていたんです。学生時代の就職支援経験を生かせそうな領域だったこと、母集団形成からどのような手段で学生にリーチし、魅力づけをするかを自由に戦略立てする裁量も与えられており、魅力的に思えました。

しかし、その思いを会社にも伝えたのですが、異動できるのが半年後という回答をもらいました。「あと半年もこの環境で頑張れるのか?」という問いにYesとは答えられない状況だったので、自分の気持ちは転職に傾いていました。

前編は俵谷さんの前職の意思決定理由と働きだして生じた違和感をお聞きしました。
次回の記事では転職を決意して現職での仕事にかける想いを語る俵谷さんに迫ります。

何か行動してみたいなあとかキャリアについて考えたい方は
こちらの記事もどうぞ!

20代転職者へのインタビューカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。