「本来人が持つ可能性や良さを阻む壁に、立ち向かえる社会に」 自分が心掴まれるものを見つけた元リクルート女性の挑戦~前編~

「本来人が持つ可能性や良さを阻む壁に、立ち向かえる社会に」 自分が心掴まれるものを見つけた元リクルート女性の挑戦~前編~

本来人が持つ可能性や良さを阻む壁に、立ち向かえる社会に

祖母の病気が原因で医者になりたいと考え、看護学部へ進むも、
人材大手であるリクルートへ新卒入社。
そして「障害のない社会をつくる」というビジョンを掲げるLITALICOへと転職した久保田さん。

前職で結果を残し、新しいことへの挑戦も任されていく中で
業種の異なる企業へ転職した理由とは?

そして、「自分が心掴まれるものを探し続けてほしい」と語る彼女が秘める、
転職を通じて感じた想いとは。

今働くことにモヤモヤしている人、決断に迷っている人に是非読んでもらいたい。
誰かに認められる働き方ではなく、自分が心の底から頑張れる“コト”へ向かうことのできる働き方を知るために。

前職

職種:
株式会社リクルートキャリア 新卒人材紹介法人営業(リクルーティングアドバイザー)

内容:
新卒入社後、法人向け営業として新卒採用コンサルティング業務を担当し、1年目の7月で200%達成。
並行して、学生向けキャリア面談や新規事業領域立ち上げなども兼任。

転職の軸

  1. 「人の可能性を引き出し、拡げる」ことにまっすぐなLITALICO事業内容への共感
  2. 複雑な社会課題に対して、ともに向き合い、社会を動かす人を増やすという自身のミッションとの重なり
  3. 周囲の評価や自己成長よりも、本当にやりたいことを自分ができているのか?という葛藤

現職

職種:
株式会社LITALICO 人材開発部 採用担当

内容:
2018年1月に中途入社。
新卒採用担当として、採用企画/ダイレクトリクルーティング等を担当。

人が健康に生きる世界を実現したいという思いからリクルートへ

Q.前職はリクルートキャリアだったとのことですが、進路ははどういう風に意思決定されたのですか。

最初民間企業に入ることすら迷っていたんですよ。
もともと大学では、医学部で看護師や保健師になる勉強をしていたんです。※保健師は、基本的に企業や学校などで、保健指導をする職業

中学時代、大好きだった祖母が病気になってしまい、そこから予防医療に関心を持つようになり、
高校時代の進路決定では看護の道を選びました。

 

Q.そうなんですね!そこから民間企業を見るようになった理由は何ですか?

そもそも病院にいるのはどちらかというと健康に課題意識のある人たちです。
私がやりたかったことは人が、身体的・精神的・社会的に良好な状態で生きていける世の中、つまり健康に生きる社会をつくること。

病院実習をする中で、当初私が想像していたよりも自分の健康に関心を持っている人が多い様子が見えてきました。
ところが、時間的・物理的制約がありすぎると、どんなに気持ちがあっても自分の健康に気を使う余裕がなくなってしまうことに気づきました。

だからまずは、世の中の人が多くの時間を費やす「働き方」に注目し、人がどういう働き方をしているのかを知ってみたいと思ったんですよね。

それから、看護学生として学ぶ中で、社会を本当に変えるには「目の前の一人ひとりに働きかけること」と「社会の仕組みにアプローチすること」の両立が重要だと感じました。

そこから民間企業を見始めました。

IMG_9127 (1).jpg

 

Q.なるほど、その中でも人材領域を選んだ理由は何ですか?

大多数の人が一番時間を使う「働き方」を広く知ることにより、人が健康に生きる世界を実現する、解くべき課題が見つかると感じたからです。

人の健康を維持できる世界を実現しようとすると、その人自身の行動を変える必要があります。

でも、人の行動変容には、事象を知るだけでなく、感情や意志が芽生えるステップも必要です。どうすれば人は動くのかということを知る意味では、広告業界なども視野に入れていましたね。

 

Q.そこからリクルートキャリアに行きついたんですね。

そうです。

以下のような3点の理由で、かなり論理的に条件付けして選んだんです。

1点目として、働き方を一番沢山見れること。
組織の中で人がどのように働いているか見たいと思った時に、リクルートキャリアが一番契約企業数が多かったんです。

2点目に給与が同業他社と比較して高い点。
幼い時の家庭状況が厳しかったことから、ある程度お金は欲しいと思っていました。

3点目に成長環境。
人を動かす、ロジカルに考えていくという部分においての
成長環境が整っている印象があったためです。

IMG_9164 (1).jpg

量と質をいかに追い切るかを教えてもらうと同時に感じた違和感

Q.とても考えて、リクルートキャリアへ入社されたようですが、何故転職をしようと思ったのですか?

人材紹介事業あるあるなのかもしれませんが、営業成績という自分/自社の都合と、クライアントである担当企業、
学生の幸せを考える狭間で感じたビジネスモデルへの葛藤が一番です。

というのも、自分の担当企業から内定がでた時、私が紹介した学生が入社しないと、
営業成績にもならないし、クライアントのためにもなりません。

それはこのビジネスモデル上しょうがないと思うのですが、企業のためでもなく、学生のためでもない、
私たちの営業成績計上週の問題だけで
内定承諾の期限を切ってしまうところに特に強く違和感を感じていました。

本来、学生本人の幸せと担当企業の採用成功を担う役割である私たちですが、双方が幸せになる意思決定だと私自身が確信できなかったとき、どういう風にふるまえばいいのかという迷い、モヤモヤがあったんです。

 

Q.そうだったんですね。そこからLITALICOに出会い転職を決意したのですか?

実は、当初は一切転職願望はありませんでした。

上記のモヤモヤを感じていたのが6月ごろ、入社して2ヶ月くらいでしたが、実際は目標に向かってひたすら行動していました。
例えば新規テレアポでは、1日100件の電話をかけると平均1件アポ獲得が平均、という状況の中で1日4アポほど取れていて評価はされていた方でしたし、
クライアントの採用成功事例も目標数を上回っており、企業さんに価値を返しているという自負もあったため納得感はあったんです。

ですので、その時点では転職を考えていませんでした。

ある出来事により、今のままでは駄目だと思い、色々な挑戦をして転職するに至りました。

IMG_9136 (1).jpg

 

Q.そうだったんですね。どんな出来事があったのですか?

尊敬している執行役員に呼び出されたんです。

呼び出されたのは、7月頃で、私が仕事に対して「不完全燃焼感。仕事がつまらない。仕事内容に関するジレンマもある。」
そう感じていた頃でした。

特に、7月は壁にもぶつからず営業成績を大きく達成できていましたので、そこまで努力している実感もないのに評価も得られていると感じた状況だったので、自分が成長できているかどうか、わかりませんでした。

「昨日の自分と今日の自分で何が変わったの?」と問われると明確に答えられなかったんです。

もともと感じていた人の働き方を知りたいという部分に関しては、アポ同行や社内の資料を見ることによって、
結構満たされたのではないかと感じるようになっていましたし。

そう感じていたタイミングで尊敬している執行役員に呼び出されて言われたんです。

あなたの場合は、看護学生だったこともあってもともとコミュニケーション能力が高いので、与えられた目標に対して成果がでるのはあたりまえ。会社から与えられた目標に対して成果が出たかどうかで成長した/しないを決めるのはどうしようもない観点だ。

 

それを聞いて「うわ、たしかにその通りだ」と思いました。

お客さんのためにこれがしたい、とか会社から与えられた目標に対してこれくらい達成しようという考えは自分の中でもっていましたが、自分の人生に対する目標を立て、自分の成長にコミットするという視点は欠けていました。

そう思ってまずはリクルートの中で仕事への向き合い方を変えていくことにしました。

 

前編は久保田さんの前職の意思決定理由と働きだして生じた違和感をお聞きしました。
次回の記事では転職を決意する久保田さんに迫ります。

IMG_9137

 

20代転職者へのインタビューカテゴリの最新記事